スマートフォン用の表示で見る

特別急行

キーワードの候補

2件

一般

特別急行

とくべつきゅうこう

私鉄においての会社によってこの言葉の使い方はまちまち。別料金を必要とせず、たんなる速達種別であったり(東急京王京成京阪阪急阪神山陽西鉄など)、JRの特急並に専用の車輛を使って運賃と別に特急料金を取る列車(東武西武小田急名鉄*1近鉄南海*2など)であったり。

また、京成・北総(専用車両を使うスカイライナーのほかに、一般車を使った「特急」「アクセス特急」「快速特急」がある)や京急(特急より速い「快特」がある)、阪急(「快速特急」がある)のように、特急が最上位の列車種別でない場合もある。

主な列車と停車駅

2001年新設。日中は15分間隔。副都心線直通開始後は4扉10両編成。

夜間には東成田芝山千代田発着もある。日中は京成上野成田空港間を京成船橋経由で20分間隔。8両編成。

北総線は平日朝夜の運転で印旛日本医大都営浅草線方面が設定。

池袋西武秩父間運行の「ちちぶ」はほぼ終日60分間隔。池袋飯能間運行の「むさし」は朝夕に運行。全列車7両編成。

朝夕は30分間隔、日中は60分間隔。全列車7両編成。

日中は20分間隔。全列車10両編成

日中以降20分間隔、全列車10両編成

一部特別車。特別車となっている1・2号車は有料、一般車の3〜8号車は料金不要。6両または8両。

平日日中と土休日日中以降に運転。10分間隔。8両編成。クロスシート9300系が主に使用される。

日中は10分間隔。8両編成。ほぼ終日運転。

終日10分間隔で運転。2扉車(8000系)または3扉車を使用。全列車8両編成。

甲子園は平日朝の梅田行きは通過。それ以外の時間帯や梅田発、および土休日は停車。日中は30分間隔で、直通特急と合わせ阪神線内毎時6本(10分間隔)となる。全列車3扉6両編成。

全列車6両編成、スーパーシート連結。30分間隔。

1〜4号車が指定席、5〜8号車が4扉車の自由席車。30分間隔。

「こうや」難波〜極楽橋の運転で、全列車とも極楽橋でケーブルカーに連絡。8両編成の列車は橋本で分割併合。

「りんかん」は難波〜橋本間の運転で4両または8両編成。一部は橋本で極楽橋方面への各駅停車列車に連絡。

30分間隔で運転。日中は2扉車6両編成で運行。

*1名鉄の特急・快速特急では全座席指定の「特別車」に乗車する時に350円の「ミューチケット」を購入する。3〜8号車に一般車が連結されており、こちらに乗る場合は運賃だけで乗ることができる。ミュースカイは全車特別車

*2南海の特急のうち、南海線サザン」は、名鉄同様、通勤系車両を利用した座席指定なし・特急券不要で乗車できる車両が連結されている。南海線ラピート」、及び高野線「こうや」「りんかん」は全席指定で特急券が必要。「ラピート」は更に別料金で「スーパーシート」が利用可能。

一般

特別急行

とくべつきゅうこう

JRでは特別な急行列車のこと。LimitedExpress?。通称・特急

→正式名特別急行列車を参照。

概要

基本的に乗車券の他に特別急行券?が必要。

本来は特別な急行列車のことだったが、殆どの急行(普通急行)が特急に格上げ、又は廃止されたことにより、今では急行の方が特別な列車になってしまった。英語の"express"には「急行」の意味があるが、急行列車が絶滅しかけている日本では「特急」と訳した方が良い場合もある*1

ダイヤ上では、列車番号の百位をゼロにすることによりそれ以外の列車と区別されている。速度種別でも、特通電?特通客など特の字を冠した名前が付けられている。

歴史

初の特別急行列車1912年(明治45年)6月15日新橋駅(正確には汐留駅)〜下関駅間を1等及び2等で編成された列車で走らせたものとされる*2列車番号は1列車(1レ)、2列車(2レ)。後に富士と命名される*3

JR貨物

JR貨物貨物列車では旅客列車の特別急行列車に相当する列車として高速貨物列車A高速貨物列車Bがあり、やはり列車番号の百位はゼロである。

*1:個人的な研究の可能性があるので注意

*2国鉄JR 特急列車100年 三宅俊彦 JTBパブリッシング

*3http://tsunechan.web.fc2.com/fuji.html