特別本醸造

特別本醸造

とくべつほんじょうぞう

日本酒の分類の一。

酒税法で定められた特定名称酒の内、精米歩合70%以下の白米、米麹、醸造アルコール、水を原料として製造され*1、香味、色沢が良好なものを「本醸造」と呼ぶが、この中でも特に精米歩合が60%以下のもの、また製法に特別な工夫のあるものを「特別本醸造酒」と呼ぶ。

瓶のラベルに「特別本醸造」と書いてある場合は、以上のような条件に該当する日本酒である。

*1:この場合、醸造アルコールの添加量は白米重量の10%以下(アルコール分95%換算)でなければならない。