スマートフォン用の表示で見る

特別予防論

一般

特別予防論

とくべつよぼうろん

刑罰論における刑罰の効果期待説のひとつ。

犯罪者の教育・更生・隔離の目的で犯罪者を処す事によって、犯罪者が再犯することを予防しうると考え。その効果は、犯罪者を教育して二度と犯罪を犯さないようにさせる教育効果と、犯罪傾向が強い者を社会から一定期間隔離して一般社会に悪影響が生じないようにする無力化効果に分類される。