特例公債法

社会

特例公債法

とくれいこうさいほう

特例公債法は、特例公債赤字国債)を発行するための1年限りの特例法。公債特例法との表記も。

正式な法律名は毎年異なるが、2011年度は「平成二十三年度における公債の発行の特例に関する法律」であった。

1965年補正予算赤字国債を発行するために初めて制定された。

その後は発行されなかったが、1975年に歳入不足から制定され1990年まで制定された。

1991年から 1993年まで好景気による税増収があったため制定されなかったが、

1994年からは、赤字国債を発行するために毎年制定され続けている。