スマートフォン用の表示で見る

独ソ戦

社会

独ソ戦

どくそせん

第二次欧州大戦の東部戦線で行われた、ドイツ第三帝国*1ソヴィエトとの一連の戦い。「スターリングラード攻防戦」や「レニングラード包囲戦」が有名。第二次世界大戦のメインステージ中のメインステージにあたる。

主な流れ

*1:および中小枢軸国

*2赤軍の反攻作戦「ウラヌス」(ウラン)によって独第六軍を包囲する。救出作戦「冬の嵐」は失敗、第六軍降伏コーカサス独軍は辛うじて撤退に成功

*3赤軍の攻勢をマンシュタインが「後手からの一撃」により粉砕。以後泥濘による停滞期に入る