苫米地義三

社会

苫米地義三

とまべちぎぞう

明治13年(1880年)12月25日 - 昭和34年1959年)6月29日)

日本の政治家。衆議院議員1946年-1952年、当選3回)、参議院議員1953年-1959年、当選1回)。青森県上北郡藤坂村出身。(三本木市を経て現十和田市上杉謙信の末裔を称した。旧制札幌中学校、東京高等工業学校応用化学科卒(明治36年)。日本進歩党民主党国民民主党(党首)、改進党日本民主党自由民主党に所属。

1952年衆議院解散抜き打ち解散)後の、衆議院選挙に立候補せず、日本国憲法第7条を衆議院解散の実質的根拠として行われた解散が憲法違反であるとして訴訟を起こした(苫米地事件)。

1953年4月24日に行われた、参議院選挙に、国民民主党が合流し結成された改進党公認で全国区から出馬し、当選。改進党参議院議員会長を務め、改進党日本民主党に合流し最高委員に就任、その後結党された自由民主党に合流。参議院議員の任期を全うして、政界を引退した。