スマートフォン用の表示で見る

那智の火祭り

一般

那智の火祭り

なちのひまつり

紀州路に夏本番を告げる那智勝浦町熊野那智大社例大祭那智の火祭り」は毎年7月14日に催され、日本三大火祭りの1つとして知られています。

 同大社にまつられている12体の熊野権現が年に1度、扇みこしに乗って本殿から那智の滝へ里帰りするという神事です。午前中は、稚児による大和舞や那智の田楽(国指定

重要文化財)の奉納があり、午後からのクライマックスは、白装束に烏帽子(えぼし)姿の氏子たちが、燃えさかる大たいまつ(直径約50センチ、重さ約50キロ)を担いで勇壮に滝前の石段を練り歩きます。

 昼なお薄暗い杉木立の参道は、氏子たちの「ハーリャ、ハーリャ」という威勢のよい掛け声がこだまし、夢中になってカメラのシャッターを押す見物客らの姿も多く見られます。

 2003年は、約9000人が幻想的な炎の乱舞に酔いしれました。