スマートフォン用の表示で見る

内海健

一般

内海健

うつみたけし

日本の精神科医。専門は精神病理学東京芸術大学教授。

1955年東京都生まれ。1979年東京大学医学部卒業。

著書

『スキゾフレニア論考』(星和書店、2002年)

『分裂病の消滅』(青土社、2003年)

精神科臨床とは何か』(星和書店、2005年)

うつ病新時代―双極II型障害という病』(勉誠出版、2006年)

共著

『分裂病者の情報処理過程』(金剛出版、1984年

うつ病論の現在─精緻な臨床をめざして』(星和書店、2005年)

共訳著

ジュランヴィル『ラカン哲学』(産業図書、1991年