内閣官房副長官

社会

内閣官房副長官

ないかくかんぼうふくちょうかん

日本の内閣官房長官を補佐する役職。特別職の国家公務員である。任命対象の資格要件や副長官相互間の職務分担は法令上は明確には規定されていないが、慣例により国会議員から政務担当として2名、主に事務次官経験者等のキャリア官僚から事務担当として1名が任命されている。

事務担当の官房副長官は、官僚の最高位とも言われる。