内管領

社会

内管領

ないかんれい

「うちかんれい」とも。

鎌倉幕府の執権を努めた北条得宗家の執事。「管領」、「内ノ執権」とも。

後には北条家のみならず執権職の補佐のようなかたちにもなり、末期の幕府では相当な権力を発揮するポジションとなっていた。