内記

社会

内記

ないき

かつての日本の律令制において中務省に属した品官。詔勅宣命、位記の起草の他、天皇の行動記録を職掌としていた。