スマートフォン用の表示で見る

内原恭彦

アート

内原恭彦

うちはらやすひこ

写真家(id:uzi)。

1965年生まれ。東京造形大学デザイン科中退。

20代より、絵画コラージュドローイングなどのファインアートの制作を始める。

CG作家として活動していた99年ごろからデジタルカメラによる写真を自身のサイト、"Son of a bit"で公開するようになり、現在に至るまで数千ページに及ぶ更新量に至る。

2002年のエプソンカラーイメージングコンテスト、2003年写真新世紀展グランプリで受賞。

2006年から2年間に渡って、デジカメwatch上で掲載された連載記事「Web写真界隈」が、「第6回竹尾賞・デザイン評論部門優秀賞」を受賞*1


関連語 リスト::写真家