内山智之

スポーツ

内山智之

うちやまともゆき

90年代のプロ野球選手。

右投左打、ポジションは投手背番号は53→16番。

1968年8月15日生まれ。岐阜県出身。

美濃加茂高校から大阪経済法科大学に進学。

1990年ドラフト5位で西武ライオンズに入団。

150キロの速球を武器に、一軍入りを果たす。

しかし、制球が悪く、主に敗戦処理としての登板が多かった。


1994年佐々木誠村田勝喜橋本武広との3対3の世紀のトレードで、

秋山幸二渡辺智男と共に福岡ダイエーホークスに移籍。

先発ローテーション入りを期待されたが結果を残せず、1995年には1試合4暴投のプロ野球記録を樹立。

当時としては珍しかったメジャーリーグ志向の強い選手であり、ノーラン・ライアンの投球フォームを真似るなど有名であった。

大のタバコ嫌いで知られ、移動の際、誰がタバコを吸っていようが構わずに窓を開けたり、自分だけタクシー移動もあった。

福岡ドームには自家用の船で通っていることも有名であった。

趣味は物理などの科学関係の書物を読むこと。

また、かなりの潔癖症で、風呂に毎日数時間入り、何度も体を洗っていたというエピソードでも知られる。

ただ頭髪には無頓着だったようで、ぼさぼさの長髪でいることが多かった。


1997年、退団し渡米。

フィラデルフィア・フィリーズマイナー契約を結び、2Aで登板を果たす。


現在は、沖縄県少年野球チームの監督を務める。