内田康夫

読書

内田康夫

うちだやすお

作家

1934年昭和9年)11月15日、現在の東京都北区生まれ。

1980年(昭和55年)、コピーライター、テレビCM制作会社経営を経て『死者の木霊』でデビュー。

1982年昭和57年)、作家業に専念。

1983年(昭和58年)、軽井沢に居をかまえる。

1993年平成5年)、浅見光彦倶楽部を設立(2001年4月現在、会員数はおよそ1万人)。

1994年平成6年)、浅見光彦倶楽部会員のための施設「浅見光彦倶楽部クラブハウス」が軽井沢に完成。

1999年(平成11年)10月、沖縄県を舞台にした『ユタが愛した探偵』(徳間書店)で全国制覇を達成。

2001年(平成13年)4月、最新作『鯨の哭く海』(祥伝社)で作品数は124冊。
☆そのうち、浅見光彦シリーズは85冊
(『浅見光彦のミステリー紀行1〜7・番外編1〜2』『ふりむけば飛鳥』 『名探偵浅見光彦の食いしん坊紀行』『名探偵浅見光彦のニッポン不思議紀行』は含まない)。

2008年(平成20年)、第11回日本ミステリー文学大賞を受賞。

2015年平成27年)、脳梗塞で倒れる。

2017年平成29年)、小説の休筆を宣言

2018年平成30年)3月13日、死去。

主な著書

『死者の木霊』(講談社

後鳥羽伝説殺人事件』(廣済堂出版

『「萩原朔太郎」の亡霊』(徳間書店

明日香の皇子』(角川書店

天河伝説殺人事件 上・下』(角川書店

『沃野の伝説』(朝日新聞社

『華の下にて』(幻冬舎) 

『はちまん 上・下』(角川書店

氷雪の殺人』(文藝春秋

秋田殺人事件』(光文社

『貴賓室の怪人 「飛鳥」編』(角川書店

不知火海』(講談社)ほか