灘尾弘吉

社会

灘尾弘吉

なだおひろきち

官僚政治家衆議院議員、元文部大臣、元厚生大臣、元衆議院議長

1899年(明治32年)12月21日、生まれ。 1994年平成6年)1月22日、死去。94歳だった。

広島県出身

内務省に入り、大分県知事などをへて、終戦時は内務次官

公職追放解除後の昭和27年衆議院議員となる(当選12回、自民党)。

石橋湛山内閣をはじめとして文部大臣を6期務める。また厚生大臣自民党総務会長などを歴任。

1979年昭和54年)、衆議院議長

その他の情報

1983年に政界引退したが、灘尾弘吉は、最後の19世紀生まれの政治家であった。引退後は社会福祉に尽力した。広島県の名誉県民でもある。