南海本線

地理

南海本線

なんかいほんせん

南海電気鉄道の路線。難波〜和歌山市間64.2km

高野線を除く総称として南海線と呼ばれることもあるが、狭義には南海線といえば南海線空港線、及びこれらと接続する支線群(高師浜線多奈川線加太線和歌山港線)の総称である。

難波〜住ノ江間は複々線となっているが、難波〜岸里玉出間は路線別複々線で西側2線を南海線、東側2線を高野線が使用するのに対し、岸里玉出〜住ノ江間は方向別複々線となっている。

特急列車

南海本線

駅番号駅名読み
“えき”は略
接続路線
NK01難波駅なんば近鉄奈良線阪神なんば線(大阪難波駅)、
大阪市営地下鉄御堂筋線四つ橋線千日前線(なんば駅)
NK03新今宮駅しんいまみやJR大阪環状線大和路線
NK05天下茶屋駅てんがちゃや高野線大阪市営地下鉄堺筋線
NK06岸里玉出駅きしのさとたまで汐見橋線
NK07粉浜駅こはま-
NK08住吉大社駅すみよしたいしゃ阪堺上町線阪堺線(住吉鳥居前電停)
NK09住ノ江駅すみのえ-
NK10七道駅しちどう-
NK11堺駅さかい-
NK12湊駅みなと-
NK13石津川駅いしづがわ-
NK14諏訪ノ森駅すわのもり-
NK15浜寺公園駅はまでらこうえん阪堺電気軌道阪堺線(浜寺駅前電停)
NK16羽衣駅はごろも高師浜線JR羽衣線(東羽衣駅)
NK17高石駅たかいし-
NK18北助松駅きたすけまつ-
NK19松ノ浜駅まつのはま-
NK20泉大津駅いずみおおつ-
NK21忠岡駅ただおか-
NK22春木駅はるき-
NK23和泉大宮駅いずみおおみや-
NK24岸和田駅きしわだ-
NK25蛸地蔵駅たこじぞう-
NK26貝塚駅かいづか水間鉄道
NK27二色浜駅にしきのはま-
NK28鶴原駅つるはら-
NK29井原里駅いはらのさと-
NK30泉佐野駅いずみさの空港線
NK33羽倉崎駅はぐらざき-
NK34吉見ノ里駅よしみのさと-
NK35岡田浦駅おかだうら-
NK36樽井駅たるい-
NK37尾崎駅おざき-
NK38鳥取ノ荘駅とっとりのしょう-
NK39箱作駅はこつくり-
NK40淡輪駅たんのわ-
NK41みさき公園駅みさきこうえん多奈川線
NK42孝子駅きょうし-
NK43和歌山大学前駅
(ふじと台)
わかやまだいがくまえ-
NK44紀ノ川駅きのかわ-
NK45和歌山市駅わかやまし加太線JR線(和歌山駅方面)
NK45-1和歌山港駅わかやまこう-

空港線

駅番号駅名読み
“えき”は略
乗換
NK30泉佐野駅いずみさの南海本線
NK31りんくうタウン駅りんくうタウン-
NK32関西空港駅かんさいくうこう-

種別

特急ラピートα

50000系列車で運転される。

停車駅は、新今宮駅天下茶屋駅泉佐野駅りんくうタウン駅である。

主に、朝の関西空港行き、夜の難波行きで運転される。

特急ラピートβ

50000系列車で運転される。こちらは主要駅に停車する。

停車駅は、新今宮駅天下茶屋駅堺駅岸和田駅泉佐野駅りんくうタウン駅である。

ラピートは1時間に2本、30分間隔で運転されるのが基本である。

特急サザン

指定席4両+自由席4両で運転される。

停車駅は、新今宮駅天下茶屋駅堺駅岸和田駅泉佐野駅尾崎駅みさき公園駅和歌山大学前駅和歌山市駅である。

30分間格で難波和歌山市和歌山港間で運転される。

急行

停車駅は、新今宮駅天下茶屋駅堺駅羽衣駅泉大津駅岸和田駅貝塚駅泉佐野駅尾崎駅みさき公園駅和歌山大学駅・和歌山市駅である。

朝夕のみの設定で、昼間は運転されなくなった。

空港急行

難波関西空港をつなぐ種別である。かつての春木停車の-急行-が建て替えられた。

停車駅は、新今宮駅天下茶屋駅堺駅羽衣駅泉大津駅春木駅岸和田駅貝塚駅泉佐野駅りんくうタウン駅である。

15分間隔で運転される。

-急行-

白線急行と呼ばれる。現在は、難波泉佐野行き1本のみである。

停車駅は、新今宮駅天下茶屋駅堺駅羽衣駅泉大津駅春木駅岸和田駅貝塚駅である。

区間急行

停車駅は、新今宮駅天下茶屋駅堺駅羽衣駅泉大津駅春木駅岸和田駅貝塚駅泉佐野駅からの各駅である。

準急

停車駅は、新今宮駅天下茶屋駅堺駅からの各駅である。

普通

ダイヤ

基本的に15分サイクルとなっている。

昼間時間帯

1時間あたり、特急サザン2本、空港特急ラピートβ2本、空港急行4本、普通4本である。


リスト::鉄道路線

南海本線
目次