南極観測船

サイエンス

南極観測船

なんきょくかんそくせん

南極観測船は、南極観測を行うために部隊派遣などを目的として使用される船舶のこと。

日本の場合、南極地域観測隊南極まで運ぶことを目的とし、海上自衛隊が運用する砕氷艦のことを指す。

日本では、1957年から1962年までの南極観測船運用(第1〜6次)は海上保安庁により行なわれたが、1965年から海上自衛隊により運用が行なわれている。

南極地域の観測及び南極地域観測隊の日本と南極との往復に以下の艦船が用いられた。

*1:2008年〜2009年はオーストラリアの民間砕氷船オーロラ・オーストラリスを用いた