南泉州

地理

南泉州

みなみせんしゅう

大阪湾に面する大阪府の南部、泉州地域のうち、主に泉佐野市以南の地域を指す言葉。

その沖合いには関西国際空港が存在するが、対岸自治体バブル経済崩壊の余波をまともに食らい、それでなくとも旅客が大阪市内方面への通り道としてただ通過するだけとなっており、特に泉佐野市では空港開港に伴う経済効果を過大視したために財政再建団体へ転落寸前であり、厳しい財政情勢となっている。

南泉州では2003年、泉佐野市を筆頭とする3市2町で市町村合併のための協議会を設置したが、2004年8月22日に行われた住民投票合併反対の票が大多数を占め、事実上白紙撤回となった。