南日本キックボクシング連盟

スポーツ

南日本キックボクシング連盟

みなみにほんきっくぼくしんぐれんめい

主に鹿児島県内で活動するキックボクシングのジム道場で作る団体。

大会などの活動はしておらず、メデイカルアドバイザー、顧問の先生などの指導により時折会議や合同練習会などを開き県内でのアマチュアキックボクシングの ルールや価値 観の統一、普及発展にとりくんでおり現在は委員会、組合的な存在。定款なども存在し加盟するには委員の賛成が必要。2018年現在14団体加盟。

顧問:森山ひろし議員藤崎たけし議員

ドクター:草野 力

メデイカル丹 羽 健二

アドバイザー外 智博

選手会代表:薩摩3373

加盟協力団体(カナ順、敬略称

インタージム

オズモシス川内

木原道場

空術体育道/R-GYM+/ 格闘技イベント”ファイター”主催。

K-LIFE

拳心会

薩摩ジム/格闘技イベント”エルドラド”主催。

サバイブ

種子島道場

田畑ジム

ヒート

坊海竜

宮田ジム

和心會

合計14団体。


加盟ジム道場全て平等の立場で縛りの無い団体で県内外のアマプロの試合情報等なども共有したりしている。

第1回立ち上げ会議2013年10月13日。

現在2018年3月4日鹿児島県体育センターにて合同練習会と第8回会議。

参考リンク〜連盟窓口ページ。