スマートフォン用の表示で見る

南淵請安

社会

南淵請安

みなぶちのしょうあん

日本の飛鳥時代の学問僧。漢系渡来氏族出身の知識人

608年(推古天皇16年)に遣隋使小野妹子に従い高向玄理らとともに隋へ留学する。32年間、隋の滅亡(618年)から唐の建国の過程を見聞して、640年(舒明天皇12年)に高向玄理とともに帰国。隋や唐の進んだ学問知識を日本に伝えた。