スマートフォン用の表示で見る

二眼レフカメラ

サイエンス

二眼レフカメラ

にがんれふかめら

撮影レンズの上に、ファインダー用のレンズが別にあり、前面から見るとレンズが上下に二つ並んでいるカメラファインダーではそこから入ってきた像を鏡で反射して、上の方からのぞき込むことになる。

像のぼけ具合を見ながらピントを合わせるのは一眼レフカメラと同じだが、鏡で反射させただけなので、ファインダー像は基本的に左右が反転したままになっている。

取り扱いにコツがいる、接写する場合視差(パララックス)が極端に大きくなるといった弱点があるが、比較的携行しやすい大きさで、画質のよい中版フィルムが使えるのが大きな利点。

ファインダーが上からのぞき込む形(ウェストレベル)なので、低い位置からのローアングル撮影にも向いている。

一眼レフカメラなどに駆逐され現在はほとんど作られていないが、今でも根強い愛好者は数多い。


リスト::写真用語