スマートフォン用の表示で見る

二宮の変

一般

二宮の変

にきゅうのへん

孫権の跡目に関して、陸遜は建業の孫権に上奏しようとするも、間者を何度も送られた上に憤死してしまったという出来事。