スマートフォン用の表示で見る

二十四の瞳

読書

二十四の瞳

にじゅうしのひとみ

壺井栄の小説。2度映画化される。「にじゅうよん」とは読まないで。