スマートフォン用の表示で見る

二十四節気

一般

二十四節気

にじゅうしせっき

黄経(太陽の黄道上の位置)によって1年を24に分けた季節区分。黄道春分点を起点として24等分し、それぞれの点を太陽が通過する瞬間を節気とする。各節気には、以下のような名称が附いている。

太陰暦における太陽の運行とのずれを解消するために発明された*1が、太陽暦が主に使われている現在では、季節感の表現として用いられることが多い。

*1太陰暦二十四節気による補正を組み込むことにより、太陰太陽暦となった