二重螺旋階段

一般

二重螺旋階段

にじゅうらせんかいだん

上りと下り別々の螺旋階段が同じシリンダー内に重複(半周ずれて交互に重なっている)し、相互が途中で交差せず(上りきった頂きで下りの階段につながる)、一方通行となっている階段。(途中で引き返さない限り、上っている最中に下りて来る人と遭遇することはない階段)円筒状の螺旋階段ばかりでなく、角柱状の内面に沿って取り付く階段(角螺旋)も含まれる。