二番煎じ

一般

二番煎じ

にばんせんじ

既にあるものの趣向を真似ること。

また、その新味のないもの。