二本松の戦い

社会

二本松の戦い

にほんまつのたたかい

二本松の戦い(にほんまつのたたかい)

1868年陸奥二本松城で起きた戊辰戦争の戦闘の一つ。二本松藩主・丹羽長国奥羽越列藩同盟に参加したことにより新政府軍が城を攻撃し、この際二本松藩士が白河口の戦いで不在だったため子供により急遽編成されたのが二本松少年隊で、多数の戦死者を出したことで戊辰戦争の悲劇として有名。一日で落城し、藩主・長国は米沢へ逃れた。