スマートフォン用の表示で見る

尼崎市

地理

尼崎市

あまがさきし

兵庫県尼崎市。通称「アマ」

電話番号の市外局番が06なので大阪府であると勘違いされる事が多い。尼崎市は、兵庫県では3番目の「中核市」に指定されている。もともと、尼崎藩領の農村部などで構成された工業都市でもある。

歴史(尼崎町⇒尼崎市成立以降)

1889年町村制が施行。川辺郡尼崎町・小田村・園田村・立花村、武庫大庄村・武庫村が発足
1889年尼崎紡績(現・ユニチカ)が発足。この頃から工業が発展しはじめる
1891年尼崎市伊丹市を結ぶ川辺馬車鉄道(現・JR福知山線)が開通
1905年4月12日大阪神戸間を結ぶ阪神電気鉄道本線が開通。市内に杭瀬駅大物駅尼崎駅出屋敷駅が設置
1916年立花村の一部を併合。尼崎市が発足
1920年阪神急行電鉄(現・阪急電鉄神戸線伊丹線が開通。当初は塚口駅のみが設置された
1927年阪神国道(現・国道2号)が開通。国道上の交通機関として阪神国道線開業
1936年尼崎市と小田村が対等合併
1942年大庄武庫・立花村を併合
1945年6月1日・6月15日アメリカ軍のB29による大空襲によって大きな被害を受ける(尼崎空襲)。
1947年園田村を併合。現在の尼崎市域となる
1955年尼崎の海岸部全域を覆う大防潮堤建設が完了する
1962年市役所庁舎竣工。設計は村野藤吾
1963年7月16日名神高速道路尼崎栗東間(71.1km)が開通。
1975年阪神国道線廃線
1984年尼崎港線廃線
1995年1月17日阪神・淡路大震災発生。市内での死者49人、負傷者7145人
2001年4月1日県下で初となる特例市の指定を受けて移行
2005年4月25日JR福知山線脱線事故が発生。
2009年4月1日県下で3番目となる中核市へ移行

地区

★中央地区

★小田地区

大庄地区

★立花地区

武庫地区

園田地区

主な出身有名人


歴代市長

桜井 忠剛1916年8月〜1922年5月18日
上村 盛治 1922年6月20日〜1928年1月22日
桜井 忠剛 1928年2月2日〜1934年10月15日
有吉 實 1935年6月11日1936年3月31日
有吉 實 1936年6月3日〜1943年3月17日
八木 林作 1943年7月12日〜1946年11月20日
六島 誠之助 1947年4月6日〜1951年4月4日
阪本 勝 1951年4月25日〜1954年11月13日
薄井 一哉 1954年12月14日〜1966年12月11日
篠田 隆義 1966年12月12日〜1978年12月11日
野草 平十郎 1978年12月12日〜1990年12月11日
六島 誠之助 1990年12月12日〜1994年12月11日
宮田 良雄 1994年12月12日〜2002年12月11日
白井 文 2002年12月12日〜2010年12月11日
稲村 和美 2010年12月12日〜現職

警察

尼崎北警察署

尼崎東警察署

尼崎南警察署(2006年、尼崎中央警察署と尼崎西警察署が統合したもの)

消防

尼崎北消防署

尼崎東消防署

尼崎西消防署

尼崎中消防署

水道

尼崎市水道局が管理

*1:橋梁上にホームがあり、東改札口は尼崎市、西改札口は西宮市である。

*2:生まれは沖縄県宮古島

*3阪神なんば線直通