スマートフォン用の表示で見る

虹色のトロツキー

マンガ

虹色のトロツキー

にじいろのとろつきー

機動戦士ガンダム作画監督キャラクターデザインで有名な安彦良和による歴史マンガ。

昭和10年代満州を舞台に日蒙の混血児ウムボルトの数奇な運命を描く、植芝盛平 石原莞爾など実在の人物も多数登場する、この作品をきっかけに安彦良和のマンガのテーマに大きな転換があったとも言われている。

掲載誌は潮出版の「コミックトム」という、創価学会の系列であるが、キャラクターは「トロツキーによるソ連を作り、ソヴィエトを分断する」計画に奔走し、日蓮上人の教えの方へは行かない。