スマートフォン用の表示で見る

廿日市市

地理

廿日市市

はつかいちし

広島県廿日市市は、広島市の西に隣接する市。

人口約11.9万人。


1988年に廿日市町?が市制施行し誕生。

2005年11月3日には日本三景の一つである「安芸の宮島」や世界遺産の「厳島神社」を有する宮島町を編入した。

江戸時代山陽道五十一の宿駅のうちの一つとして存在していた。

「はつかいち」という名称は、鎌倉時代の昔から毎月二十日に市が開かれていたことから来ている*1と言われている。

宛名が「甘日市」となっている年賀状が毎年一枚は市民の下に届く。

*1:「廿」は「二十」の旧字