日テレベレーザ からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

スポーツ

日テレ・ベレーザ

にってれべれーざ

概要

愛称の「ベレーザ」は、「美人」という意味を持つポルトガル語に由来する。

Jリーグ東京ヴェルディ1969の「妹分」として知られ、前身の「読売ベレーザ」時代から輝かしい経歴を持つ。日本女子サッカーリーグ全日本女子サッカー選手権大会の2大タイトルで最多優勝を誇る名門。

中学1年生から高校3年生までの女子選手が所属する育成組織「日テレ・メニーナ」を有している。

沿革

1981年、読売サッカークラブの女子チームとして発足。

1989年、日本女子サッカーリーグに創設時から参加。

1994年から1997年までは、西友とスポンサー契約を結び「読売西友ベレーザ」をチーム名としていた。

1999年、チームの運営会社が日本テレビ放送網が出資する日本テレビフットボールクラブに移管。

2000年、現チーム名の「日テレ・ベレーザ」と改称。

2009年10月、運営会社が日本テレビフットボールクラブから東京ヴェルディ1969フットボールクラブに移管。これにより読売グループは経営から撤退したが、日本テレビはチームの命名権を保有しているためチーム名は引き続き「日テレ・ベレーザ」のままとなっている。

タイトル