スマートフォン用の表示で見る

日華平和条約

社会

日華平和条約

にっかへいわじょうやく

 1952年4月28日、台湾の国民政府と日本の間で、第2次世界大戦の終結のために結ばれた条約。正式名称は「日本国中華民国との平和条約」。

台湾での日本の領土権の放棄、 通商協定や漁業協定の締結に努めることなどが盛り込まれ、調印された。1952年8月5日に発効。1972年9月29日の日中共同声明で、日本は中華人民共和国政府中国唯一の合法政府として承認したため、この条約は失効。同時に国民政府は、対日国交断絶を宣告した。