スマートフォン用の表示で見る

日勤教育

一般

日勤教育

にっきんきょういく

JR西日本で行っているといわれる研修教育のひとつ。

日勤教育は正式な名前ではない。福知山線脱線事故後、JR西労(JR総連傘下)組合員がテレビに登場した時に登場した造語である。

現場従業員の業務が深夜・早朝時間帯の労働を伴うシフト制であるのに対して、当該研修が、従業員をシフト勤務からはずしたうえで日勤(昼間の勤務)時間帯に行うものであることから、このように呼ばれるものと思われる。

オーバーランをした運転手や時間を早くドアを閉めたり出発時刻を遅らせた運転手、安全動作を誤った乗務員等への再教育が目的であり、線路周辺の清掃、業務の再確認等が行われているとみられる。

JR福知山線脱線事故を機に話題になり、再教育制度としての効果の程に疑問を呈する向きもある。


日勤教育について詳しく書いてあるサイト」

http://www.hatena.ne.jp/1114650274


「服部さん損害賠償請求訴状

http://www.jr-souren.com/outlaw/sojou.htm