日劇ミュージックホール

アート

日劇ミュージックホール

にちげきみゅーじっくほーる

日劇で行われていたハイ・ブロウなストリップ・ショウ。

昭和27年(1952)の3月16日スタートし、昭和59年(1984)3月24日に閉店。

コント55号ツービートを産んだ浅草フランス座と並び、多くの優秀なダンサーとコメディアンを輩出した。

設立したのは劇作家丸尾長顕(1902?-1986.2.28)で、東宝小林一三社長から「大人の見るショーを日本にも」と言われて創設したものだそうです。彼の美学は「女性が見てもいやらしいと思わない芸術的エロチシズム」ということ。

日劇ミュージックホールの活動は3期に分けられる。

第1期は昭和27〜33年。この時代の代表的なダンサーには伊吹まり、メリー松原、ヒロセ元美、ジプシー・ローズ、春川ますみ(メリー・ローズ,愛称ジャンボちゃん)、奈良あけみ。トニー谷関敬六岡田真澄、E・H・エリックらがコントで活躍し、三島由紀夫が脚本を書いていた、まさに黄金時代

第二期は三人娘といわれた小浜奈々子(昭和32〜47) 舞悦子(〜昭和52)朱雀さぎり(〜昭和57)がトップスターだった時代。この時代には他にアンジェラ浅丘、水原まゆみ、松永てるほ、らも人気を博していました。特に小浜奈々子は「ヌード界のクィーン」と言われました。

第三期は昭和43年頃以降になる。この時代の最大のトップスターは岬マコ(昭和42〜)で、そのほか星ひとみ、マリア茉莉らのスターがいた。