日光の日

一般

日光の日

にっこうのひ

7月26日

820年、弘法大師日光山を命名しました。

元々の山の名前は「ニ荒山(ふたらさん)」といいましたが、弘法大師がこれを「にっこうさん」と読んだことから「日光山」という字になったということです。