日光御成街道

地理

日光御成街道

にっこうおなりかいどう

 江戸時代五街道の一つである日光街道脇街道。将軍の日光参詣の際、岩槻城で宿としたことから幸手まで日光街道でなくこの街道を利用したことからこの名前がある。別名岩槻街道。岩淵宿以北は江戸時代以前からの鎌倉街道で、鎌倉から奥州へ通じる重要な道であった。

 現在の国道122号線と赤羽から岩槻までの間はほぼ一致または並走する。