スマートフォン用の表示で見る

日向夏

日向夏

ひゅうがなつ

宮崎県の名産となっている柑橘類の一つ。

1820年頃、宮崎市で発見。柚とぶんたんとの雑種と見られる。初夏が最も美味しい。

外観は黄色。果実は平均200gで外皮を剥いて食べる。果肉は甘酸っぱい。

高知県では「ニューサマーオレンジ」や「小夏」と呼ばれる。

種なしの「白鳥日向?」や「室戸小夏?」、オレンジ色の「オレンジ日向?」もある。