スマートフォン用の表示で見る

日向小次郎

マンガ

日向小次郎

ひゅうがこじろう

漫画「キャプテン翼」の登場人物で、主人公大空翼のライバル。いつも半袖を肩まで腕まくりしてノースリーブ状態。

小学校時代は明和FCに所属し、新聞配達や屋台の小間使いで家計を助けながらサッカーを続けた。翼率いる南葛FCには辛酸を舐めさせられた。

小学校卒業後は、東邦学園中等部サッカー部キャプテン*1としてチームを牽引。小学生とは思えない長身としっかりとした体格に加え、シェフチェンコばりの直線的なドリブルをやってのける。沢田タケシとのコンビプレイは今でも語り草になっている。

過去に沖縄で吉良監督の猛特訓を受け、タイガーショットを習得。GK有望株の若林源三が一歩も動けないほどの威力だった。

強引なドリブルだけではなく、華麗な空中戦も得意なストライカーと言えよう。難点を一つ言えば、血の気が多いことであろう。強いて言えば、中田のような冷静さも欲しいと感じる。ま、これが彼の魅力でもあるのだが…。

タイガーショット以降は無印27巻にてネオタイガーショットを習得。ワールドユース編でセットプレイの重要さを知り、雷獣シュートを習得した。

最新作の時点ではセリエAのユヴェントスに入団し、トレーナーから体のバランスの悪さを指摘され、デビュー戦に出場したらてんでダメで、セリエCのレッジアーナにレンタル移籍中。移籍前にワイルドタイガーショットを習得。

アニメでのCV鈴置洋孝(初代)、檜山修之キャプテン翼J)、松本梨香(2001年版少年時代)、子安武人(2001年版青年時代)。

ゲーム版での必殺技はタイガーショット以外にも、タイガータックルなどのディフェンス技、翼とのコンビ技・ドライブタイガーツインシュートも放つことができる。

*1FWで10番