日清修好条規

社会

日清修好条規

にっしんしゅうこうじょうき

1871年9月13日(明治4年7月29日)に、天津で、日本と清の間で初めて結ばれた対等条約。日本側大使大蔵卿伊達宗城、清側大使は直隷総督李鴻章であった。