スマートフォン用の表示で見る

日中記者交換協定

一般

日中記者交換協定

にっちゅうきしゃこうかんきょうて

正式名を「日中双方の新聞記者交換に関するメモ」と言い、当時、中日友好協会会長であった廖承志氏と自民党の松村憲三衆院議員らとの間で1964年に交わされた協定。

1968年3月6日に、「日中覚書貿易会談コミュニケ」(日本日中覚書貿易事務所代表・中国中日備忘録貿易弁事処代表の会談コミュニケ)が発表され、それにあわせて次の項目などが付帯された「記者交換に関する取り決め」の修正もおこなわれた*1

一 双方は、記者交換に関するメモにもとづいて行われた新聞記者相互交換は双方が一九六八年三月六日に発表した会談コミュニケに示された原則を遵守し、日中両国民の相互理解と友好関係の増進に役立つべきものであると一致して確認した。

 この「会談コミュニケに示された原則」として、以下のものがある。 

  1. 中国を敵視しない。
  2. 二つの中国を造る陰謀(=台湾独立)に加わらない。
  3. 日中国交正常化を妨げない。