日米地位協定の実施に伴う航空法の特例に関する法律

社会

日米地位協定の実施に伴う航空法の特例に関する法律

にちべいちいきょうていのじっしにともなうこうくうほうのとくれいに

日本の法律の通称

正式名称:日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約第六条に基づく施設及び区域並びに日本国における合衆国軍隊の地位に関する協定及び日本国における国際連合の軍隊の地位に関する協定の実施に伴う航空法の特例に関する法律

(昭和二十七年七月十五日法律第二百三十二号)

1  日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約第六条に基づく施設及び区域並びに日本国における合衆国軍隊の地位に関する協定(以下「合衆国軍協定」という。)第二条又は日本国における国際連合の軍隊の地位に関する協定(以下「国連軍協定」という。)第五条の規定により、合衆国軍隊又は国際連合軍隊が使用する飛行場及び航空保安施設については、航空法 (昭和二十七年法律第二百三十一号)第三十八条第一項 の規定は、適用しない。

2  合衆国軍協定第五条第一項に規定する合衆国によつて、合衆国のために又は合衆国の管理の下に、公の目的で運航される航空機及び国連軍協定第四条第一項に規定する国際連合の軍隊によつて、同軍隊のために又は同軍隊の管理の下に、同協定の目的を達成するために運航される航空機並びにこれらの航空機に乗り組んでその運航に従事する者については、航空法第十一条 、第二十八条第一項及び第二項、第三十四条第二項、第百二十六条第二項、第百二十七条、第百二十八条並びに第百三十一条の規定は、適用しない。

3  前項の航空機及びその航空機に乗り組んでその運航に従事する者については、航空法第六章 の規定は、政令で定めるものを除き、適用しない。

   附則

 この法律は、公布の日から施行する。

   附則 (昭和二九年六月一日法律第一五二号)

1  この法律は、日本国における国際連合の軍隊の地位に関する協定の最初の効力発生の日から施行する。

2  日本国における国際連合の軍隊の地位に関する協定の最初の署名の日又はその後六箇月以内に同協定の当事者となる政府に係るものについては、同協定第二十一条4及び第二十二条4において同協定がそ及されないこととなる場合を除き、この法律中第三条の規定は昭和二十七年七月十五日から、その他の規定は、昭和二十七年四月二十八日から適用する。

   附則 (昭和三五年六月二三日法律第一〇二号) 抄

(施行期日)

第一条
この法律は、日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約の効力発生の日から施行する。

   附則 (昭和五〇年七月一〇日法律第五八号) 抄

(施行期日)

1  この法律は、公布の日から起算して三月を経過した日から施行する。

   附則 (平成八年五月九日法律第三五号) 抄

(施行期日)

第一条
この法律は、公布の日から起算して一年六月を超えない範囲内において政令で定める日から施行する。

   附則 (平成二七年九月一一日法律第六七号) 抄

(施行期日)

第一条
この法律は、公布の日から起算して三月を超えない範囲内において政令で定める日から施行する。