日本を、あきらめない

一般

日本を、あきらめない

にほんをあきらめない

民主党(当時の党首は岡田克也)が2005年の衆院解散に伴う総選挙(いわゆる「郵政解散」)の際、採用したキャッチコピー

ネガティブな印象だ」などの批判も多く、同党惨敗の一因や象徴とも見なされている。