日本サッカーリーグ

スポーツ

日本サッカーリーグ

にほんさっかーりーぐ

1965年から1992年まで行われていた日本のサッカーリーグ。略称「JSL」。

それまでの全日本実業団サッカー選手権大会を発展的解消し、1965年6月6日に開幕した日本初のアマチュア団体競技全国リーグ。

1972年からは2部制に移行。

1986年からスペシャル・ライセンス・プレーヤーという名のプロ選手登録を認めた。

1991-92シーズンをもって廃止となり、日本プロサッカーリーグJリーグ)と下部組織のジャパンフットボールリーグJFL)へ発展解消されることとなった。