スマートフォン用の表示で見る

日本スポーツ振興センター

スポーツ

日本スポーツ振興センター

にほんすぽーつしんこうせんたー

[英] JAPAN SPORT COUNCIL

独立行政法人日本スポーツ振興センターは、2003年10月1日に独立行政法人日本スポーツ振興センター法の規定により設立された独立行政法人

主務大臣は文部科学大臣である。

スポーツの振興と児童生徒等の健康の保持増進を図るため、その設置するスポーツ施設の適切かつ効率的な運営、スポーツの振興のために必要な援助、学校の管理下における児童生徒等の災害に関する必要な給付その他スポーツ及び児童生徒等の健康の保持増進に関する調査研究並びに資料の収集及び提供等を行い、もって国民の心身の健全な発達に寄与することを目的としている。

主たる業務は、スポーツ施設の運営、スポーツの振興、スポーツ科学の調査研究、スポーツ振興くじtoto)の実施などのスポーツ関連事業と、学校災害共済給付制度の運営、学校における安全・健康保持の普及などの学校関連事業業務の二本柱である。

運営施設