スマートフォン用の表示で見る

日本バスケットボールリーグ

スポーツ

日本バスケットボールリーグ

にほんばすけっとぼーるりーぐ

2007年から2013年まで開催されていた、日本の男子バスケットボールリーグ。略称JBL

2007年10月11日に初年度リーグが開幕。JBLスーパーリーグの7チームにレラカムイ北海道(現・レバンガ北海道)を加えた8チームが参加。

当初からのプロ化は断念し、段階的にプロ化を進める。

JBLを脱退したチームが中心となって創設された日本プロバスケットボールリーグbjリーグ)との対立が続いていたが、2010年4月に日本バスケットボール協会JBLbjリーグの3者で「次世代トップリーグの創設に関する覚書」を締結した。しかし、企業チームがプロ化に難色を示し、企業チームの参加を条件付で認める案にbjリーグ側も反発。bjリーグとの統合はならず、それまでの日本バスケットボールリーグJBL)を改組する形で、2013年9月28日に新リーグ、ナショナル・バスケットボール・リーグNBL)が開幕した。あわせて2部リーグとなるナショナル・バスケットボール・デベロップメント・リーグNBDL)も発足。


なお、女子のリーグ運営は、バスケットボール女子日本リーグ機構WJBL)という別組織が行なっている。