JPFA からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

スポーツ

日本プロサッカー選手会

にほんぷろさっかーせんしゅかい

Jリーグクラブ所属の日本人選手(一部外国人選手を含む)と海外クラブに所属する選手(但し、Jリーグ在籍経験者) が会員となって組織されている選手会

略称JPFA

沿革

1994年、川淵三郎Jリーグチェアマン(当時)の呼びかけに応じて、加藤久が発起人となり設立準備を開始。

1996年4月、「Jリーグ選手協会設立

2000年、国際プロサッカー選手会FIFPro)に加盟。

2002年、自由契約選手を対象としたJリーグ合同トライアウトを初開催。

2006年2月、有限責任中間法人として法人化。

2009年6月、一般社団法人Jリーグ選手協会に改称。

2010年11月、一般社団法人日本プロサッカー選手会に改称。

2011年9月16日 東京都労働委員会から、労働組合としての認可を受ける。

歴代選手会会長

年代選手名任期所属クラブ備考
初代柱谷哲二1996年4月-1998年6月ヴェルディ川崎
第2代井原正巳1999年6月-2001年11月横浜F・マリノスジュビロ磐田浦和レッズ
第3代中山雅史2002年11月-2007年6月ジュビロ磐田現名誉会長
第4代藤田俊哉2007年6月-2012年6月名古屋グランパスロアッソ熊本ジェフユナイテッド千葉
第5代佐藤寿人2012年6月-サンフレッチェ広島

副会長は川島永嗣鈴木啓太石川直宏山口慶播戸竜二岩政大樹の6名(2012年6月18日現在)。

支部長は各チームの選手会長が務める。