スマートフォン用の表示で見る

日本プロ野球選手会

スポーツ

日本プロ野球選手会

にほんぷろやきゅうせんしゅかい

日本のプロ野球12球団に所属する日本人選手全て(一部の外国人選手を含む)が会員となっている団体。プロ野球選手は選手寿命も短い上に社会保障も不十分であることなどの問題を受け、主にプロ野球選手の地位向上を目的として設立され、1980年社団法人として法人格を取得した後、1985年には東京都地方労働委員会労働組合としての認定を受け、労働組合となりました。現在は、社団法人日本プロ野球選手会労働組合日本プロ野球選手会の2つが併存し、選手の地位向上に関する諸問題への取り組みのみならず、全国各地での野球教室や各種チャリティ活動など公益的な活動にも精力的に取り組んでいます。

歴代の日本プロ野球選手会会長*1

年代選手名任期キャリア所属球団
初代中畑清1985年-1989年大学読売ジャイアンツ
第2代原辰徳1989年-1992年大学読売ジャイアンツ
第3代岡田彰布1992年-1995年大学阪神タイガースオリックス・ブルーウェーブ
第4代正田耕三1996年-1998年社会人広島東洋カープ
第5代古田敦也1998年-2005年大学・社会人ヤクルトスワローズ
第6代宮本慎也2006年-2008年大学・社会人東京ヤクルトスワローズ
第7代新井貴浩2009年-大学阪神タイガース

このほか、各球団ごとに選手会長が存在する。

*1選手会会長は、大学出身か社会人経験者が務め、ほとんどの場合、選手が引退まで務める事が慣習となっている。また、セ・リーグ出身の選手が務めているが、パ・リーグの選手も務めるように選手会で問題となっている。