スマートフォン用の表示で見る

日本ミルクコミュニティ

日本ミルクコミュニティ

にっぽんみるくこみゅにてぃ

英文表記:Nippon Milk Community Co.,Ltd.

日本ミルクコミュニティ株式会社は、かつて存在した、雪印メグミルク傘下の牛乳・乳製品の製造販売会社。

メグミルク」(MEGMILK) という新ブランドが使われ、赤いパッケージでブランドイメージを一新している。

2003年1月1日、雪印乳業株式会社の市乳部門、全国農協直販株式会社(全国農業協同組合連合会(全農)系)、ジャパンミルクネット株式会社(全国酪農業協同組合連合会(全酪連)系)の3社が牛乳、乳製品の製造、販売を目的とし、経営統合する形で設立

2009年10月1日、株式移転により雪印乳業株式会社との共同持株会社雪印メグミルク株式会社」を設立経営統合した。

2011年4月1日、雪印乳業株式会社と日本ミルクコミュニティ株式会社が雪印メグミルク株式会社に吸収合併され、法人として消滅。

会社設立の背景

2000年、雪印乳業大阪工場(現在は閉鎖)製乳製品(主に低脂肪乳)による雪印集団食中毒事件が発生し、雪印乳業だけではなく、牛乳・乳製品業界全体に影響を与えたことから、事業の再編として設立