スマートフォン用の表示で見る

日本海海戦

一般

日本海海戦

にほんかいかいせん

1905年(明治38年)5月27日〜28日

いわゆるバルチック艦隊ロシア第2、第3太平洋艦隊)と連合艦隊聯合艦隊)の間で行われた艦隊決戦。

事実上の日露戦争の決定戦。両艦隊の司令長官で言うと東郷平八郎vsロジェストウェンスキー

ホームフィールド・アドバンテージを遺憾なく発揮した連合艦隊が一方的にバルチック艦隊を殲滅した。

ロシア海軍側の損害は沈没19隻(うち戦艦6、装甲巡洋艦3)、捕獲・抑留7隻(うち戦艦2)。戦死4545名、捕虜6106名(艦隊司令部20名を含む)。

一方の日本海軍側の損害は沈没3隻(水雷艇3隻)と戦死116名。

世界戦史上まれにみるパーフェクトゲームであり、日露戦争はこれを梃子としてセオドア・ルーズベルトが仲介したポーツマス条約による講和・終戦へと向かうことになる。

英語ではBattle Of Tsushima(対馬の戦い)と称される。


2005年は日本海海戦100周年であり、記念式典などが予定されている。

日本海海戦100周年記念事業「100z」

公式サイト http://www.100z.jp/index.html