日本劇場

アート

日本劇場

にほんげきじょう

かつて東京都千代田区有楽町にあった劇場。通称は日劇日劇ウエスタンカーニバルの開催で有名だった。

1933年12月24日開館。1981年2月15日閉館。跡地はTOHOシネマズ日劇となっている。


東洋最大級の4,000人劇場で、後に東宝系の劇場となり、主に映画とミュージカル等実演と併演するタイプの大劇場として、戦前は日劇ダンシングチームからエノケン榎本健一)を初めとする東宝国民劇や「歌ふ李香蘭」の七周り半事件、戦後は日劇ウエスタンカーニバルから日劇ミュージックホールと日本の芸能史上重要な役割を果たした劇場であった。

1981年惜しまれつつ閉鎖され、1984年有楽町マリオン(映画館)として立て替えられ現在に至る。